Home  >  TOPICS

「大阪都構想」に賛成? 反対?

大阪都構想は、大阪市と大阪府が「二重行政」を解消しなければならないと橋下氏が中心となり推進した事案です。

大阪都構想の是非をめぐる住民投票はが5月17日に行われ、都構想は実現せず大阪市存続になりましたが、この投票結果の年代別賛成反対グラフが話題になっているそうです。

CFNj8nJXIAA4n8y

年代別にみると、賛成した人が多かったのは20代(61%)と30代(65%)。
40代(59%)、50代(54%)、60代(52%)も賛成が過半数を占めました。
が一方、70歳以上は反対が61%で賛成を上回っています。

70代の反対より、若年層の不戦敗では?

今回、反対票の中にも内容を検討したいと言う意見も多数あったそうですが、
仮に投票率が100%であった場合、大阪市の人口から計算してみると、賛成票が上回る結果になっていたのではないでしょうか。
大阪市は、これまで何度か二重行政の解消提案がなされてきた歴史がありますが、そのたびに反対意見に晒され具体的なアクションが起きることなく繰り返されてきているそうです。今後の市政運営に注目です。

2017年11月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930