Home  >  TOPICS

エボラ熱死者4493人に 感染は8997人 WHO

世界保健機関(WHO)は15日、西アフリカで大流行中のエボラ出血熱について、疑い例を含む感染者数が8997人、死者数が4493人に達したと発表した。医療従事者の感染者数は427人で、236人が死亡した。国別では、リベリアが引き続き最多で、感染者数は4249人、死者数は2458人。

シエラレオネは感染者数3252人で死者数1183人、ギニアは感染者数1472人で死者数843人だった。米国は感染者数2人で死者数1人、スペインは感染者数1人。

WHOは、感染拡大が続くリベリア、シエラレオネ、ギニアでの病床不足によって「家庭での治療が余儀なくされている」と指摘。感染リスクを高める一因になっているという。

日本でエボラ出血熱に感染したら

もし日本でエボラ出血熱に感染した人が出たらどうするのか。どこで治療するのか。薬はあるのか。調べました。

45ある指定施設に運ばれて治療

日本でエボラ出血熱に感染した人が出た場合、全国に45ある指定施設に運ばれて治療を受けることになります。

治療薬は開発段階

治療を受ける施設はありますが、治療薬はまだ開発段階です。国内では、新型インフルエンザ用に日本で開発された薬がエボラ出血熱にも効くのではといわれており、これを投与することも検討されています。それ以外にも血清療法などがアメリカでは試みられていて、効いたともいわれていますが、実際のところはよくわかりません。

診察の手引きはあるけど…

今年3月、厚生労働省の研究班によって診察の手引をまとめられました。防護服や医療用の保護眼鏡・高密度マスクなどを身につけ、手袋も2重にするなど、医療従事者の装備についても定められています。しかし、その後西アフリカで爆発的感染者が出たことで再度見直しが進められています。

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930