Home  >  TOPICS

Windows XP搭載PCの買い替えが順調

IDC Japanは2014年4月7日、国内クライアントPC市場におけるWindows XP搭載PC稼働台数の実績と予測を発表した。それによると、2013年12月末時点の法人向けWindows XP搭載PC稼働台数は、法人市場の全PC稼働台数の17.1%にあたる617万台まで減少したことがわかった。Windows XPサポート終了の告知が浸透したことで、法人市場での買い替えが順調に進んでいるという。

 前回の発表(2013年10月)では、2013年末時点で同20.2%の724万台と予測していたが、マイクロソフトやベンダー、チャネルの買い替えキャンペーンが功を奏して107万台早く買い替えが進んだ。2014年6月末には、同6.6%の241万台まで減少する見込みだ。

 また、2013年12月末時点の家庭向けWindows XP搭載PCの稼働台数は、家庭市場の全PC稼働台数の14.8%の610万台となり、家庭市場でも買い替えが順調に進んでいることが分かった。2014年6月末には、同8.7%の351万台まで減少すると予測している。

 IDC Japanでは、悪意あるハッカーはサポート期限の4月9日が過ぎるのを待ち構えている可能性が高いことから、まだ移行できていないユーザーも可能な限り早く移行するべきだ、と警告している。

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930